FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うつ病の症状から舞い降りてくる自殺願望も落ち着き
今夜は久々にうつ病風呂のうつ病の症状で一番起こりうる症状の一つの自殺願望による自殺決行の考えとかもほとんど無く過ごせているように思う。薬はいつもと同じように、睡眠薬のロヒプノールやヒルナミン細粒15mg、そしてワイパックス、ホリゾンやセパゾンやSNRIの抗うつ剤のトレドミン等など・・・抗うつ剤、睡眠薬(というより、もはや抗うつ剤的精神安定剤・自殺防止のための薬というべきだろうか・・・主治医の精神科医は少なくとも、不眠症薬より抗うつ剤・精神安定剤・自殺防止薬の如く処方しているような態度を見せている)を服用している。

同じように服用しているのに、うつ病の症状の“波”ってやつはどうにもならない。自殺したい衝動(福島章先生の間接自殺や高層建築物からの飛び降り自殺や車への飛び込み自殺など・・・いろんな自殺方法があるが)どうにかなるとすれば(そのうつ病の症状の激しい“波”が落ち着くとすれば)、やはりSNRIの抗うつ剤(トレドミン等)やワイパックスやセパゾンやホリゾン、そして一番効果的なのが睡眠薬として処方されているヒルナミン細粒やロヒプノールということになるんだろうな。

いつもいつも、うつ病の症状がきつくなると、抗うつ剤や睡眠薬の服用・・・。それだけで疲れる。精神的に、うつ病的にも。
スポンサーサイト
履修漏れの高校校長自殺のニュース
うつ病風呂の“今日の出来事”じゃあないんだけどさ、最近、「履修漏れ、履修漏れ」ってすごい言われている。それでとうとう、県立高校の校長が自殺・・・。校長っていうと、うつ病風呂が学生だった頃の事を思い出して見ると「校長なんて授業もしなくていいし、なにもしなくて給料もらえるんだからいいよな~」って軽い気持ちで考えていた。

しかし、校長も自殺まで考えて、そして自殺決行で自殺してしまうようなストレスのたまる役職なんだなぁ~って・・・。そんな風に考えた。

そして、うつ病風呂っていう、うつ病患者独特の見方だと思うんだけどさ、今回の自殺方法が首吊り自殺っていうことで「どんな風に首を吊って自殺したんだろう」「どんな風に首を吊ったら自殺出来るんだろう」とか、とにかく履修不足より、自殺成功のポイントを必死で(自殺記事を通して)学習しようとしている、うつ病患者(不眠症患者)で自殺志願者のうつ病風呂の姿がある。
ヒルナミン細粒やロヒプノール、SNRIで少しはうつ病も楽に
うつ病ブログ“うつ病患者の生活日記”の管理人、うつ病患者の生活日記さん、トラックバック恐縮です。有難う御座います。ちょうど、うつ病風呂も大好きな作品を展示している書家のオフィシャルサイト・“Web画廊”・“臨書”のページを見学していました。

うつ病風呂はうつ病患者であり不眠症患者であり自殺志願者でもあるけれど、デイケアーで覚えた書が趣味(っていうところまで行くか分からないが)。

それより前に、うつ病系サイト(うつ病患者の「うつ病ブログ」や服用中のSNRIの抗うつ剤やセパゾンやホリゾン等・・・そして睡眠薬のヒルナミン細粒やロヒプノール、ハルシオン等の薬、そして各種障害福祉の申請方法を掲載したサイトとかね)や自殺ページ(自殺チャットや自殺志願者掲示板・・・自殺ブログっていうのも。今日訪問した自殺ブログの管理人は、うつ病風呂と同じく、うつ病の症状からくる自殺願望で自殺志願者・・・等など)。

そしてさっきの書家の書道作品甲骨文字とか珍しいものまで幅広く展示しているサイトを探訪させてもらったわけ。まずは最近展示の“関戸本古今集”ってヤツとか“種田山頭火の句”や詩文書近代詩文書調和体って色々な名前があるみたいだけど)や、漢字半紙漢字作品ってのも)・仮名隷書、それから英語だけの“kindaisibunsyo”ってのも・・・。

大字書一文字作品古代文字、って豪快なヤツもけっこういけてると思う。あとは、書道教室サイトの綺麗な作品(壁紙ね)や実用の書ってヤツの色紙扇子葉書の類も拝見させてもらっていた。
自殺の念(自殺願望)がまとわり付くうつ病の症状
「自殺、自殺、自殺・・・」って言ってるのはうつ病っていう精神疾患のなせる業だっていうのは、うつ病患者であるうつ病風呂自身も十分に理解している。だがしかし、それでも「自殺、自殺、自殺・・・」って思考過程が自殺の方策を探る方へ向いてしまうっていうところがなかなかうつ病やほかの精神疾患とは無縁の精神的健常者の人たちに理解されないところで、またそれがうつ病患者をはじめとする精神疾患をもつ人たちを苦しめている。

そしてそのうつ病(不眠症)っていう精神疾患を患っているうつ病風呂も苦しんでいる。いろんな心もとない言葉とかも飛んでくるし・・・。それに、毎日、睡眠薬のロヒプノールやヒルナミン細粒15mg等、さらにSNRIの抗うつ剤(現在、トレドミンを服用)、ワイパックス、セパゾン、ホリゾン等も服用しなきゃいけないしさ。

こんなうつ病の症状(うつ病風呂の場合は不眠症の症状も)じゃあ、自殺、自殺って自殺の事に考えが及ぶのも無理ないんだよな。最近は、精神医学の福島章先生の言う“間接自殺”っていうのに自殺の考えの比重が大きくなってる。それだけ、今までにうつ病風呂の事を散々に言って(しかもその内容がひどすぎる)くれた連中が多いって事かな。
ヒルナミン細粒やSNRIの抗うつ剤等服用で自殺願望もマシに
ヒルナミン細粒やロヒプノール、そしてホリゾン、セパゾンやSNRIの抗うつ剤のトレドミンを服用して何とか自殺願望(自殺の念っていうのとどう違うかはわからないが)も収束に向かっている精神状態(うつ病の症状)の感覚。

しかし、この傾向(自殺願望が収まって、うつ病的・精神的に楽な傾向)が持続するかどうかはうつ病風呂自身不明。なにせこの、うつ病っていう精神疾患は「今日はうつ病の症状も安定していて楽だ~」と思った矢先に突然、自殺を思い立ってリストカットで自殺をはかったり、高層建築物から飛び降り自殺しそうになったり、車への飛び込み自殺を考えたり、うつ病風呂にとって憎き相手を巻き添えにしての(福島章先生の言う)間接自殺を考えたり・・・とにかくうつ病っていう症状は急に容態が悪化して、最悪、自殺計画・自殺決行・自殺未遂ってなったりする。
自殺願望が消えない
今日は朝5時といううつ病風呂にとって考えられない(うつ病の症状を悪化させるだけのような気がする・・・ってうつ病風呂は精神科医ではないのではっきりしたことは言えないが)時間に、恐怖の夢を大量にみて、そして大量の汗をかいて無理やり叩き起こされたのがはじまり。

それからワイパックスやセパゾンやホリゾンや抗うつ剤(SNRIのトレドミン)、そして(近年は抗うつ剤ってゆ~のか、精神安定剤の代わりに使用している)ヒルナミン細粒15mgやロヒプノール等の睡眠薬を服用して再び就寝そして、さっき起床。

しかし、相変わらず自殺願望(自殺の念とどう違うんだろうな。とにかく自殺したい、死にたいっていう気持ち)が消えない。普段だと、夜11時過ぎると、うつ病の症状も安定して、精神的にもゆとりができて、それで、いろんな自殺の方策(例えば首吊り自殺とか、福島章先生の間接自殺だとか、高速で走ってくる車への飛び込み自殺、リストカットでの大量出血死での自殺だとか、高層建築物の最上階からの飛び降り自殺だとか・・・いろいろね)も考えなくて済むんだけどさ。

でも今日の夜は無理があるみたいで、やはり夜もSNRIのトレドミンの抗うつ剤やセパゾン、ホリゾン、ワイパックス等は勿論、睡眠薬(精神安定剤代わりに服用の)ロヒプノールやヒルナミン細粒15mgの服用も必須だな。
またうつ病の症状(か不眠症の症状)なのか、怖い夢をみて冷や汗で起床
ものすごい量の冷や汗で起床した。こんなうつ病の状態が良くなるはずがない時間帯に。途轍もなく怖い夢を(莫大な量)みたのは確かに記憶している。しかし、どんな夢だったかは全然、(うつ病の症状で満ちている)頭に残っていない。

薬だって、抗うつ剤のSNRIのトレドミンや、ワイパックスホリゾン、セパゾン等・・・そして睡眠薬(というより抗うつ剤的というか、精神安定剤代わりに処方されている)ロヒプノール、ヒルナミン細粒とかだってちゃんと服用した。

しかし、精神的にも、身体的にもかなりつらい状態なのは間違いない。うつ病患者が(不眠症患者もかな)自殺を考える(車への飛び込み自殺か、福島章先生の言う“間接自殺”か、高層ビルからの飛び降り自殺かリストカットで大量出血での自殺か・・・どんな自殺の方策かはわかんないけどさ)その自殺に至るまでの考え方の経路みたいなのが分かる気がする。
睡眠過多でうつ病の症状も安定。そしてネットワールド。
今日は兎に角、寝た。SNRIのトレドミンっていう抗うつ剤や他のワイパックス、セパゾン等・・・そして睡眠薬のヒルナミン細粒15mgやロヒプノール等のせいもあるとは思うけどさ、うつ病の症状には“波”みたいなのがあって、それによって抗うつ剤でも睡眠薬でも全然、効き方が違う。

・・・でネットの世界を思う存分楽しんできた。最初は自殺系サイト。例えば、自殺チャットや自殺志願者掲示板(うつ病風呂は、自殺志願者でもある)、自殺ブログとか。そしてうつ病関連サイト(うつ病ブログ“うつ病患者の生活日記”の管理人さんとはよく、メールやトラックバックで情報交換したりもしている。それ以外にも、うつ病患者専門掲示板、そしてうつ病に関わらずあらゆる精神疾患について掲載しているページ等)。

それから、趣向をがらりと変えて、うつ病風呂も気に入っている字を書く書家のオフィシャルサイトや“Web画廊”っていうサイトと“臨書”のページで甲骨文字書道作品を拝見する。これも日課。うつ病風呂は、デイケアーで書道は覚えた。
最近展示された“関戸本古今集”や“種田山頭火の句”から拝見して、漢字半紙漢字作品っていうのもある)・仮名大字書一文字作品隷書近代詩文書詩文書調和体っていう言い方もあるそうな・・・)や古代文字や、そして英語だけの“kindaisibunsyo”までも・・・。

あとは書道教室サイトの綺麗な壁紙の作品と、実用の書ってやつで展示されてる色紙扇子葉書も鑑賞させていただいている。
睡眠時間が分からないほど爆睡のうつ病風呂
就寝時間・・・分からない。起床したのはさっき。どれくらいの睡眠時間だったんだろう・・・。知りたい気もするが、そんな事知ったって、もう、うつ病風呂には意味無い事かもしれない。

おそらく今日は、ワイパックス(ワイパックスがうつ病風呂にとって一番相性がいいように思うんだが・・・)や、SNRIの抗うつ剤のトレドミン、セパゾン、ホリゾン、それから(睡眠薬・・・というより精神安定剤ってゆ~のか抗うつ剤ってゆ~のか、そういう類の薬として使用している)現実逃避のためのヒルナミン細粒15mg、ロヒプノール等を服用して就寝したのは覚えている(自殺の念、自殺願望、自殺志願の考え等、自殺を強く思う気持ちが高まってきたため)。

精神科医も(確かにうつ病風呂はうつ病患者だけではなくて、「不眠症患者」でもあるが)睡眠薬を不眠症のためだけでなく、自殺を防ぐ抗うつ剤ってゆ~のか、自殺防止薬の如く処方している気がする。
太陽の日差しを全く感じなかったうつ病患者(うつ病風呂)
不眠症、不眠症・・・って言いながら就寝したのが太陽が昇る前、そして起床したのが今。全く太陽の日差しというものを感じなかった一日。

しかし、うつ病風呂っていううつ病患者にとってみれば、実に有難い一日。朝とか昼間とかの外の雑踏っていうのか、人間っていう生命体のうごめきみたいなのを感じることなく、ストレスになってうつ病の症状を悪化させて、またまたうつ病の症状の地獄を体験する事もなかった。

だから今日は(SNRIの抗うつ剤のトレドミンとかワイパックスとかホリゾン、セパゾン等の毎食後の抗うつ剤とかの薬は時間を置いて服用するとしても)うつ病の症状なんかで気が狂って、リストカットとかの自殺行為に奔るのをふせぐための、睡眠薬のヒルナミン細粒15mgやロヒプノールとかの服用量が少なくて済んだ。ヒルナミン細粒にしてもロヒプノールにしても、SNRI(今はトレドミン服用)等の抗うつ剤にしても、とにかく薬の服用は面倒だからね。
うつ病の症状だけでなくやっぱり不眠症も
うつ病風呂はうつ病の症状を抱えているだけでなく、診断書にはおまけみたいに「不眠症」って書かれてある。でも、主治医は精神科医だけあって(うつ病患者、しかもリストカットとか、車に飛び込んで自殺しそうになったり、間接自殺とか・・・とにかく自殺、自殺、って強い自殺願望を持ったうつ病患者診るのに精神科医とかっていうのは当然か)さすがだなぁ~ってある意味感心する。

うつ病の症状だけでなくて、不眠症も抱えてるから、SNRI(抗うつ剤の一種。今はトレドミンっていうSNRIの抗うつ剤を服用してる)やワイパックス、セパゾンとかホリゾン等以外にも(不眠症患者って事で)睡眠薬(ロヒプノールとかヒルナミン細粒15mg等)も処方されている。

今夜も(もう明け方近くか・・・)就寝するのが怖くて(恐怖の夢を見たりして、冷や汗を大量にかいたり・・・不眠症患者はそういう理由で、何度も叩き起こされたりして眠れないっていうことで“不眠”っていう事になったりする。でもこれは、あくまでも、うつ病風呂の場合だけどね)眠れない。
SNRIの抗うつ剤やロヒプノール、ヒルナミン細粒などを服用するためのメシ
今日も、朝、うつ病の症状がつらい状態でメシを食らってSNRIのトレドミンとかワイパックスとかホリゾンやセパゾン等とかの抗うつ剤、そして睡眠薬(ロヒプノールやヒルナミン細粒15mgやマイスリー等)を服用するために起床・・・そしてすぐに布団の中にもぐりこんで就寝。

それから数時間して昼になり、また抗うつ剤のSNRIやワイパックス、ホリゾンとか、(やはりうつ病の症状がきつく、自殺願望・・・自殺の念ってゆ~のかそういう自殺への気持ちが強いので)睡眠薬のヒルナミン細粒1包とロヒプノールを1錠服用して(現実逃避って言われても仕方がないな、と思いながら服用)就寝。さっきまたおきた。

ちょっとはうつ病の症状も落ち着いているように思える。でもやはり自殺への執着心は今日中には消えそうに無い(高層ビルとかからの飛び降り自殺、車への飛び込み自殺、もしくは、福島章先生のいわゆる“間接自殺”・・・)という具合に自殺への考えが、うつ病風呂の周りを取り囲んでいる感じがする。
ヒルナミン細粒で眠くなっても“間接自殺”願望
ヒルナミン細粒15mg服用して段々、さっきから眠くなってきた・・・のはいいが、やはり弱らない自殺願望・・・自殺したいって強く思う気持ち。他にも(睡眠薬のヒルナミン細粒以外にもロヒプノールの睡眠薬やSNRIの抗うつ剤のトレドミンとかワイパックスもセパゾンもホリゾン等なども)ちゃんと服用してんのにさ、こんな調子で(ってうつ病ブログでは伝わらないよな)自殺願望にやられてる。「自殺したい!」っていう気持ちがうつ病風呂のうつ病の症状の頭ん中を埋め尽くしてる感じがする。

自殺・・・。(うつ病風呂にとって)一番の理想的な自殺方法は首吊り自殺だと思うんだが、ほかにも車への飛び込み自殺とか高層ビルからの飛び降り自殺(これが2番目ぐらいの理想の自殺方法かなぁ~)や、そして近年にうつ病風呂が思い始めたのが福島章先生の言う“間接自殺”ってやつ。“間接自殺”ってのは、直接自殺自分で意図して自殺できないので、死刑を受けるために重大犯罪を犯すってやつ。

例えば、今までにうつ病風呂の事を、それこそ人格否定するような罵詈雑言飛ばしてくるような連中への恨みも果たせるし、そして死刑判決を受けて、見事に死刑(間接的に自殺)っていう運びとなる。
うつ病の症状で頭を抱えるほどの自殺願望
いや~、うつ病の症状で自殺願望が強く出ている。いつものように、SNRIっていう抗うつ剤の種類のトレドミンとかあとは、ワイパックス、ホリゾンとか睡眠薬のヒルナミン細粒15mgとロヒプノールも今日、何度か服用したんだけど・・・やっぱ自殺、自殺、自殺で自殺願望。

それでさっきまで頭抱え込んでた。「自殺したい、死にたい」ってぶつぶつ念仏のように唱えながらね。でも死に切れないのは、まだうつ病風呂には自殺する前に理性っていう余計なものが働いて、それが自殺決行を阻害してるんだとさ。

うつ病の症状って・・・同じうつ病の症状だったら、いっそのこと究極までうつ病悪化で気が狂って、理性なんて働かなくて軽く自殺できれば、こんなうつ病の地獄を味わう事なんて無い。毎日、SNRIの抗うつ剤のトレドミンや、ワイパックスとかセパゾン、ホリゾン、睡眠薬のヒルナミン細粒、ロヒプノールとかも服用しなくていい。
ヒルナミン細粒15とロヒプノールも服用してサーフィン
睡眠薬のロヒプノールやヒルナミン細粒15mg、それからSNRIの抗うつ剤(現在、トレドミン服用)やセパゾン、ホリゾン、ワイパックス等なども服用して、眠くなるまでネットで遊んでた(うつ病風呂の趣味)。

サーフィンとは言っても、大体、廻るところは同じ。最初にうつ病関連サイト(他のうつ病患者のうつ病ブログやうつ病患者専門掲示板やら、うつ病に限らないメンタルヘルスの部屋とか)や自殺系サイト(自殺志願者掲示板、自殺ブログ・・・ってすごい名前だけどね、自殺チャット等。自殺チャットは時々早打ちで参加することもある。最近は自殺チャットとか自殺志願者掲示板にカキコしてないなぁ~。でも見てるだけで、うつ病患者とか自殺志願者を誹謗中傷する言葉が出てきて・・・でもサーフィンの毎回の通り道になっている)。

それから、気に入っている字を書く書家のオフィシャルサイトとか“Web画廊”そして“臨書”ってサイトで書道作品とか甲骨文字を拝見する。これもすでに日課みたくなってるな。ちなみにうつ病風呂は、書道は病院のデイケアーで覚えた。

最初は最近出てきたので“関戸本古今集”、漢字半紙漢字作品)、詩文書近代詩文書調和体って呼び方はいろいろあるみたいだね)とか“種田山頭火の句”あたりをまずはずらっと。

それから、大字書古代文字一文字作品仮名隷書、そして英語だけの“kindaisibunsyo”っていう調子で拝見して墨色の美しい書道教室サイトの壁紙に使用されている作品や、実用の書の作品の葉書扇子色紙を巡回して一通りかな。
久々に風呂に入ってうつ病の様子も変ったように・・・
久しぶりに(数日振りに)風呂に入った。理由は、頭のかゆさ。それに、うつ病の症状にも若干の影響があるかな・・・と。うつ病風呂はうつ病患者(不眠症患者)であり、対人恐怖(人間不信・・・どっちだ)であり、引きこもりであり、人という生命体が大嫌いであって・・・結局、人と会う事ができなくて(人間なんかと接触もしたくない)うつ病風呂の身の回りも綺麗でなくていいわけである。なので、その延長線として、風呂にも入らないし、部屋もぐちゃぐちゃ(・・・というより、うつ病風呂は元々片付けられない。整理整頓ができない)。

しかし、数日も風呂に入っていないと頭がかゆくなってきて、せっかく睡眠薬のロヒプノールやヒルナミン細粒15mg、そして毎食後の抗うつ剤のSNRI(現在、トレドミンを服用中)や他にもセパゾン、ホリゾン、ワイパックス(うつ病風呂自身はワイパックスと相性がいいと感じている)等を服用して就寝しても、その頭のかゆさで叩き起こされる羽目になる。
やっぱりうつ病の気分の落ち込み
さっき起床で「あ~あ・・・今日も相変わらずうつ病の気分の落ち込みかぁ~」ってな感じで今、SNRIっていう抗うつ剤の1つでトレドミンとか、ワイパックス、セパゾン、ホリゾン等などを服用。

しかし、やっぱりこういううつ病の症状から来る気分の落ち込みには、けっこうな確率で自殺願望が燃えたかってたりする。実際に今でも「自殺したらどうのこうの・・・」って自殺の事考えてたりするもんな。

こういう、うつ病の症状からくる気分の沈み込みとかまたそこからくる自殺願望(自殺の念って言うの?)とかがうつ病風呂の頭の中から湧いてきたら(する事といえば決まっていて)ヒルナミン細粒15mgを服用(もしくはヒルナミン細粒とロヒプノールを併用したり、ヒルナミン細粒の代わりにロヒプノールだけで済ませたり・・・睡眠薬をいろいろうつ病風呂のうつ病の調子に合わせて服用)している。
リストカットのために巻いていた包帯をとる
前に数十箇所をカッターナイフでリストカットやって、包帯グルグル巻きだったのをとってみた(最近まで、風呂に入ると傷口がジ~ンと傷んでいたので、包帯をそのままにしておいた。しかし、最近になってようやくその傷の痛みも無くなってきた)。

やっぱり数十箇所切っていたようで、しっかりとリストカットの傷跡が残っている。でも痛みはもうほとんど無いので、ひとまず安心ってなところかな・・・って油断している間に、うつ病の症状が急激に悪化してリストカットやったのがこの前。ちゃんとSNRI(トレドミン等。抗うつ剤の一種)やワイパックスやホリゾン、セパゾンとか睡眠薬のヒルナミン細粒15mgも主治医の精神科医に言われている通りに服用していたし、現に今もSNRIの抗うつ剤とか睡眠薬のヒルナミン細粒、ロヒプノールとかもしっかり服用できている。それなのに、うつ病の症状(最近は自殺願望ってゆ~のか、自殺の念ってゆ~ヤツが多いかな)は安堵の時間を与えてくれない。うつ病の症状のつらいところだし、うつ病の地獄。
間接自殺という自殺方法
うつ病ブログ“うつ病患者の生活日記”の管理人さん。トラバ恐縮です。うつ病風呂も今日はうつ病の症状が暴れまくっているような気がしていましたが、さっきからは「うつ病の状態、ちょっとはマシかな」と思えるようなうつ病の症状の様子です。

SNRIの抗うつ剤やセパゾン、ホリゾン、それからワイパックス(うつ病風呂とワイパックスは本当に相性が良いように思うんだが・・・)や睡眠薬のヒルナミン細粒15mgを服用して、朝、昼、夜・・・ってなんとかうつ病の地獄からは外れて、ちょっとうつ病の症状が落ち着いてはきている。

でもやっぱりうつ病風呂は自殺志願者だなって、痛感するよな。自殺願望が落ち着かない。時々、過去にうつ病風呂の事を誹謗中傷するような事を言ったヤツが脳裏をよぎって、一瞬「ムカ~!!」っとなってそいつの家まで行って精神医学の福島章先生の“間接自殺”を計ろうとしたり・・・。兎に角、自殺できればもうなんでもいいっていう精神状態に(しかも、こんなにうつ病の症状が落ち着いているのに死にたい気分に)なるのが俺自身、信じられない。
「ぐわっ!!」とうつ病の症状悪化
言葉でたとえるなら、まさに「ぐわっ!!」とかな・・・。一気にうつ病の症状からくる気分の落ち込みが来て、長時間寝たきりうつ病患者状態。それで、抗うつ剤のSNRIや他にもワイパックスやセパゾン、ホリゾンと睡眠薬もヒルナミン細粒15mg、ロヒプノール他多数を服用してようやくうつ病の症状も沈静化を見せはじめて、ようやくこうやってPCに向かって、うつ病ブログ“うつ病風呂”をうつことができる状態になってる。

一言でいうと「しんどかった~」になるかな。そしてうつ病患者はこの「しんどかった~」を延々と・・・。うつ病を患って、こういううつ病の症状の地獄を体験して、うつ病患者さんが「自殺したい、自殺したい」って言って、本当に自殺する気持ちがよく分かる。うつ病風呂も強い自殺願望を持った自殺志願者だ。いつも、俺の中には自殺というか“死”が付きまとってる。
うつ病の症状の安定につき趣味を満喫(よりちょっと手前)
趣味って言ったって要は、ネットサーフィンの事。それも同じところを毎日のように廻っている。最初はうつ病サイト(他のうつ病ブログや、うつ病患者専門掲示板っていう趣旨で運営しているサイトとか、精神疾患全般と各種福祉申請手続きの方法について掲載してるところとかね。でも、人によって同じ抗うつ剤のSNRIのトレドミンやワイパックス、ホリゾンやセパゾン、若しくは不眠症対策で主治医の精神科医から処方されているロヒプノールやヒルナミン細粒等などを服用していても、全然効果が違うのが驚きである)。

それから、自殺サイト(自殺チャットや自殺志願者掲示板とか自殺ブログ等)も毎日のように見てみる。そしてときには自殺チャットで早打ちするんだけど、結局、うつ病患者とかを馬鹿にする連中に遭って、精神的に(うつ病的にも)ひどい思いをする(でも、何故かサーフィンの道順からは外れない)。

それから、うつ病風呂の気に入った書家のオフィシャルサイトってやつとか“臨書”のページとか、“Web画廊”ってなところで書道作品を拝見である。うつ病風呂は病院のデイケアーで書道を覚えた。最初は、この前展示されたばかりの“関戸本古今集”と豪快系の大字書一文字作品古代文字甲骨文字、“種田山頭火の句”や近代詩文書詩文書作品、“調和体”とも呼ぶらしい。これは最近まで知らなかった事)や“kindaisibunsyo漢字半紙漢字作品)、あと隷書仮名、墨色の綺麗な書道教室サイトの壁紙作品。

そして、実用の書ってヤツで扇子とか色紙葉書っていうのも巡回ルートに入ってんだけど、でも見飽きないっていうのが不思議なところではある。
うつ病患者的ではなく健常者的な睡眠
ま~ま~、マシな起床の仕方だと思う。昨晩から昼(さっきまで)にかけてうつ病患者(不眠症患者)みたく地獄のような睡眠の仕方ってゆ~か、怖い夢を幾度と無く見て、大量の冷や汗をかいて叩き起こされるっていう事が無かったってのが(普通の人からみれば当たり前の生活かも知れないけどさ)精神的にも、うつ病の症状っていうことからも楽。

しかし、本当に抗うつ剤のSNRIのトレドミンや他にもワイパックス、ホリゾン、セパゾンや睡眠薬のロヒプノール、ヒルナミン細粒15mgを毎日同じように服用しているにも関わらず、うつ病の症状にしても、不眠症の症状にしても、日によってあまりにも“浮き沈み”が激し過ぎる。こういうところもうつ病の症状(不眠症の症状)のつらいところって挙げていいと思う。
もっとうつ病の症状から逃避をしたい
起床したばっかりで、ヒルナミン細粒の効果がまだ残っているのか、頭がまだ回ってないけど、ズバリ言うと「もっとうつ病の症状から遠い場所に隔離されたい!!」っていう気持ちで一杯に溢れかえっている。

今日も本当はもっと夜遅くまで寝ていたかったんだけどさ・・・こんな調子で(うつ病の症状のせいか、不眠症の症状のせいか分かんないけど)まだまだ、“うつ病の波”が残る時間に起きてしまっている。

朝とか昼に起きるのは、抗うつ剤でSNRIのトレドミンとか、あとワイパックス(うつ病風呂にとってワイパックスはけっこう相性合ってるんだと思うんだけどな)やセパゾン等・・・そして、最近ではロヒプノールとかヒルナミン細粒なんかもうつ病対策の薬として服用する事が多くなったし、主治医の精神科医もそういう使い方を良しとしている。
久々に冷や汗をかかずに済んだ夜(うつ病の症状安定?)
昨夜はうつ病の症状(不眠症の症状?)が落ち着いて就寝できていたのか、怖い夢を見て冷や汗をかくこともなく起床できた。(うつ病の症状かどうかは兎も角として)こんな事、久しぶりのような気がする。

いつも通りトレドミンっていうSNRIの抗うつ剤の一種やワイパックス、ホリゾン、セパゾン、そして不眠症(うつ病風呂は不眠症も抱えるうつ病患者である)対策としてロヒプノールやヒルナミン細粒を服用して就寝して、特別、うつ病の症状に効くような事なんて一つもしていない。これがいわゆる“うつ病の波”ってやつなんだろうな。

「今日はうつ病の調子がいいなぁ~」と思ったら急にうつ病の症状悪化で自殺願望が強く表れたりってヤツと似ている気がする。
やっぱり強い自殺願望
今夜も、自殺願望(自殺の念とどう違うんだろうな)が強い。今日も、うつ病の症状のきつ~いやつから逃げとおすために、睡眠薬のヒルナミン細粒15ミリを服用して過ごしていたが、やっぱり今でもうつ病の症状の地獄は続いている。PCに向かってキーボード叩くスピードもけっこう落ちてる。

でもうつ病風呂は対人恐怖・人間不信で、実社会ってゆ~のか分かんないけど、現実の社会では生きられなくて、ネット社会でしか俺っていう人間を発信できないから、仕方なくこうやって(うつ病の症状のきつい状態を受けながらでも)うつ病ブログをするしかないわけ。

SNRI(抗うつ剤の種類。今はトレドミンっていうのを服用中)やワイパックス、セパゾン、ホリゾンや睡眠薬のヒルナミン細粒やロヒプノールとかしっかりと主治医の精神科医に言われた通りに服用してても、こんな自殺願望(自殺の念か・・・。同じ自殺だけどうつ病風呂の場合はどっちだ)。

ネットサーフィンしてると「自殺したい、自殺したい、自殺したい」って自殺を願う言葉のオンパレードをうたってる人と遭遇するんだけどさ、そういう自殺志願者の気持ちって、すげ~よく分かるんだよな(うつ病風呂自身が自殺志願者っていう事を除いても)。
今日も夜逃げならぬ“うつ病の症状逃げ”
うつ病の症状ってゆ~のか、うつ病の地獄から“夜逃げ”できたらどれだけ人生楽に過ごせるだろう・・・っていつも思う。今日も(仮のうつ病からの夜逃げとして)朝・昼とヒルナミン細粒を服用。それに、うつ病風呂は基本的に、強烈な自殺願望を持った自殺志願者だから、いつもうつ病風呂のうつ病の症状(不眠症の症状)で満たされた頭の中は自殺、もしくは自殺の方策の事で一杯の飽和状態。だからといって、リストカットしては自殺失敗とか、福島章先生の言う“間接自殺”を考えて、「今迄、うつ病風呂にエゲツナイ言葉を浴びせてきた輩を惨殺して、死刑になる」っていう事もなかなか出来ていない。

SNRIとかの抗うつ剤(現段階ではトレドミンを服用)やワイパックスやセパゾンとか、睡眠薬としてロヒプノールやヒルナミン細粒15ミリ等などを主治医の精神科医から処方してもらっている。処方してもらっているのはいいが、やっぱり俺は自殺志願者だなぁ~(自殺願望・・・強いよな・・・)って本当にそう思う。
ヒルナミン細粒服用でうつ病の症状安定につき
自殺、自殺って最近、うつ病風呂っていうこのうつ病ブログはやたらと自殺に関する記事が多いように思う・・・って事はだな、よ~はうつ病風呂はうつ病の症状が若干悪くて、自殺に考えが及ぶ回数が多いって事か・・・。

って思っているうちにネットサーフィンで自殺関連サイト巡りをしている(うつ病の症状はヒルナミン細粒15ミリで安定状態)。自殺チャットで早打ち(今日は眺めてただけ)や自殺志願者掲示板、自殺を本気で考えているような人の自殺ブログっていうヤツまで拝見。

それから、うつ病サイト(うつ病ブログや、うつ病患者憩いの場、うつ病患者専門掲示板とかあとうつ病に限らない精神疾患に関する病気の事・精神障害の各種福祉的な手続きの方法等を掲載しているサイト等など)をサーフィン。

そして、うつ病風呂もお気に入りになってしまった書家のオフィシャルサイトや“Web画廊”っていうのとか、“臨書”っていうページで創作の書道作品甲骨文字なんかの作品をずら~っと拝見(うつ病風呂は病院のデイケアーで書道を覚えた)。
さっき廻ってたら、また新たに“関戸本古今集”っていうのが展示されてた。それから見て、漢字(“半紙漢字作品”も)と仮名近代詩文書という詩文書作品調和体って名前だけが違うらしい作品も拝見。大字書一文字作品古代文字隷書。それから“種田山頭火の句”や英語のみの“kindaisibunsyo”っていうやつも、いつも「すげ~な~」って眺めている。

あと、書道教室ページに使用されている墨色の綺麗な作品や、実用の書ってヤツの葉書扇子とか色紙って展示がされてるのを一通り・・・。
常に室温が高い気がする(うつ病の症状?)
うつ病風呂の悩みといったらもちろん、うつ病風呂という名前からも分かる通り、うつ病の症状の(はっきり言って)地獄。そしてそのうつ病の症状からくる自殺の念とかいう・・・よ~するに、自殺したいっていう衝動が突然遣って来たり、自殺せざるを得ないだろう・・・っていうほどの、人間に対する憎悪とかそれからくる(やっぱり)自殺をしたいと強く思う気持ち(この時に考える自殺方法は、精神医学の福島章先生の言う“間接自殺”)。それから「眠いはずなのに眠れない」症候群(不眠症)。ときには、怖い夢を見て大量の冷や汗をかいて起きることも・・・ってそれが最近多くて、やはり自殺(自殺未遂)の意識を誘発させる要因になってるかな。

・・・で、何故か分からないが部屋の温度が常に高い気がする。それとも、うつ病風呂の体温が高いのか・・・ってそれは無かった。でも暑い。こんな季節にクーラー入れるぐらいだもんな。これも、もしかしてうつ病の症状の“何か”か?
SNRI、ロヒプノールやヒルナミン細粒などで現実逃避
ズバリ、壊れそうな精神状態。朝、昼、夜って時間が経つにつれて段々とうつ病の症状も楽にはなってきたものの、やはり自殺を強く考える。うつ病患者にとって自殺ってけっこう大きな問題だよね。ネットサーフィンしててもそれが(他のうつ病患者からも)すごい伝わってくる。

いくら、(うつ病風呂と相性が良いってうつ病風呂自身が感じているワイパックス)とかSNRIっていう抗うつ剤の種類のトレドミン、そしてセパゾンや睡眠薬でワイパックス、そしてヒルナミン細粒っていうのがあるんだけど、これをうつ病風呂はもう、抗うつ剤代わりに服用しているが、それでもうつ病の症状っていうのは「これでもか!!」っていうぐらい言う事を聞かない。「自殺~、さあ自殺~」って人を馬鹿にしたように自殺の念っていうのが押し迫ってくるのが感じられる。
ヒルナミン細粒とか服用で眠くなるまでサーフィン
さっき睡眠薬のヒルナミン細粒15ミリとかロヒプノール、抗うつ剤のSNRIのトレドミン、セパゾン、ホリゾン、ワイパックス等などを服用して就寝まで(うつ病風呂にとってみればある種“恐怖の就寝”だが・・・)サーフィンの旅に出かけていた。

やはり最初は、御馴染みの自殺サイト(自殺チャットや自殺志願者掲示板、自殺志願者憩いの場っていうのもある。それから自殺ブログなる、かなり自殺願望がきつい人のブログ等)を拝見し、うつ病系ページ(うつ病ブログやうつ病に関する各種精神疾患サイトとか、精神障害者のための福祉チャンネル)等など。

それから、うつ病ブログの“うつ病患者の生活日記”の管理人が薦める書家のオフィシャルサイト、“臨書”っていうページと“Web画廊”っていうサイトにて書道作品甲骨文字等を思う存分閲覧させていただく。

やっぱ新作の“詩文書作品”(近代詩文書とか“調和体”って言い方もあるらしいけどな)が瑞々しい感があっていいと思う。それから見て、やはり最近の漢字半紙漢字作品っていうのもUPされている)大字書一文字作品種田山頭火の句や“kindaisibunsyo”っていう英語だけのも迫力があって面白いと感じる。

あと書き方の難しい・・・ってどれも難しいんだが、仮名とか隷書古代文字や墨色の綺麗な書道教室サイトの壁紙作品もサーフィンの際は廻る。そして実用の書ってヤツで色紙葉書やあと扇子もUPされている。うつ病風呂の理解の範囲を超える作品の種類の多さ。
Copyright © うつ病風呂. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。